医心堂 鍼灸・整体院(東洋医学・薬剤師 健康相談所):ご挨拶

TEL:090-8632-7446

札幌市中央区南1条西1丁目13-1-605 マナー白鳥
医心堂 鍼灸・整体院

ご挨拶

五行

 五行説も古代中国の思想で、この世のあらゆるものは「木」「火」「土」「金」「水」という5つのどれかにあてはめることができるという考え方です。
五行には相互に抑制し合ったり、助け合ったりする運動法則があるとされています。この木・火・土・金・水はそれぞれ次のような特徴があります。

木:草木が芽を出し、万物が生じる時期。季節は春を象徴する。
火:火が燃えている様。万物が長じる時期で、季節は夏を象徴する。
土:万物を育てる母なる大地を意味し、四季のすべてにかかわりをもっている。
金:金属の硬さや鋭さを意味し、季節は秋、収穫を象徴する。
水:湧水を意味し、地の中にあって万物を生み出す源となる。季節は冬を象徴する。

 季節だけでなく、方角や自然現象、色、味、そして臓腑(五臓六腑)などについてもこの5つの要素で分類されていて、五行色体表にまとめられています。
同じ「五行説」でも5つの要素が互いに抑制し合う関係としたものを五行相剋説と言い、互いに助け合う関係としたものを五行相生説と言います。

五行 木・火・土・金・水 五臓 対応する臓 肝・心・脾・肺・腎 五臓と対応するもの 五腑 対応する腑 胆・小腸・胃・大腸・膀胱 五臓と関連する身体の部位 五竅 病気が現れやすい場所 目・舌・口・鼻・二陰・耳 五華 五臓が弱ったときに症状が現れやすい場所 爪・面色・唇・体毛・髪 五主 五臓がつかさどる器官 筋・血脈(脈)・肌肉・皮毛・骨 身体に変調を招くこと 五悪 病気を起こしやすい気候 風・熱・湿・燥・寒 身体が変調したときの症状 五志 五臓を害する感情および病んだときの感情の変化 怒・喜・思・悲・憂・恐

陰陽

中国古代哲学の核となる概念で、自然界のあらゆるものは「陰」「陽」という対立する2つのどちらかに分類できるという考え方です。
 事物にたとえると、宇宙では太陽が陽で月が陰、一日では昼が陽で夜が陰、空間では天が陽で地が陰、男女では男性が陽で女性が陰という具合です。 ただし、この陰陽は常に一定ではありません。たとえば、陽である男性も活動的なとき(陽)も静的なとき(陰)もあるし、 陰である女性が活動的なとき(陽)も静的なとき(陰)もあります。これらを、「陽中の陰」「陰中の陽」と言います。つまり陰陽は固定されてはいないのです。
 東洋医学で陰陽を考えると、身体の表面では日光があたる背中や上半身は陽、腹側や下半身は陰になります。 内蔵では中身の詰まっていない胃、小腸などの「腑」は陽、中身が詰まっている肝、腎などの「臓」は陰となります。  また、人体の機能的な側面(身体を動かす活動エネルギー)は陽(または陽気という)、物質的側面(骨、血液、体液、臓腑)は陰(または陰分という)となります。  体内の陰陽のバランスが崩れると人は病気になり、同時にバランスを立て直そうとする力(=自然治癒力)も働くと考えられています。 東洋医学の治療の基本は、この自然治癒力を高めることにあるのです。

陰 月・夜・女性・地・静・ひかげ・腹 陽 太陽・昼・男性・天・動・ひなた・背中

TOP